検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Rapid and simple measurement of H$$_{2}$$ emission from active faults using compact sampling equipments

小型ガス測定装置を用いた活断層から放出される水素ガスの迅速簡便測定法

島田 耕史   ; 田中 秀実*; 齊藤 友比古*

Shimada, Koji; Tanaka, Hidemi*; Saito, Tomohiko*

断層活動による岩盤の破壊によって生じる水素ガスは、断層の活動性を評価する際の重要な指標となる。しかし、活断層沿いの水素ガス濃度は空間的に不均質で、高濃度から検出限界以下までの値を示す。この空間的不均質性の把握は、活動的な場やガス通路の特定による重点観測地点の選定に有意義である。しかし、従来の野外測定技術は、高価かつ大型のため、多点測定が困難であるとともに、設置時の擾乱が数日から最高2週間継続する問題があった。これらの問題を解決するために、安価かつ小型化した装置を組み立て、擾乱を小さくする設置方法を提案する。跡津川断層で試験した結果、設置時の擾乱は穿孔後35分以内に終了した。この手法を用いることにより、活断層沿いの水素ガス濃度の時空間的不均質性を、短時間で検討できると考えられる。

To shorten the duration of higher concentration of hydrogen immediately after a fault-gas-monitoring installation (install effect), a downsized equipment using commercial sensor was arranged. The install effect, which obstacle to genuine gas emission from faults, is finished within 35 minutes after excavation of monitoring holes along the active Atotsugawa fault, central Japan. It shows that types of hydrogen emission can be captured within about 1 hour procedure. Shortening the detection time should enable a quick evaluation of temporal and spatial heterogeneity of hydrogen emission along Quaternary fault implying fault activity.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:17.91

分野:Geology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.