検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC RCSのシンクロナイゼーションシステム

Synchronization system for the J-PARC RCS

田村 文彦 ; Schnase, A.; 野村 昌弘; 山本 昌亘; 長谷川 豪志; 吉井 正人*; 大森 千広*; 原 圭吾*; 戸田 信*; 高木 昭*; 穴見 昌三*; 絵面 栄二*

Tamura, Fumihiko; Schnase, A.; Nomura, Masahiro; Yamamoto, Masanobu; Hasegawa, Katsushi; Yoshii, Masahito*; Omori, Chihiro*; Hara, Keigo*; Toda, Makoto*; Takagi, Akira*; Anami, Shozo*; Ezura, Eiji*

J-PARCのRCSのビームは、適切なタイミング,位相で取り出され、中性子ターゲット、及びMRに入射されなければならない。中性子ターゲットで発生した中性子はフェルミチョッパーを中心とする分光器に入射されるが、エネルギーの分解能精度を上げるために、チョッパーの開口部とビームの位相は非常に高精度で制御される必要がある。また、MR入射に際しては、適切な空きバケツに入射するだけでなく、不要なダイポール振動を避けるためには、RFバケツの中心に入射しなければならない。この発表では、RCSのビームシンクロナイゼーションに関する要求,その動作原理,製作中のモジュールについて述べる。

The beam in the J-PARC RCS has to be extracted with the proper timingand phase to the MR (main ring) and the neutron target in the MLF (material and life science facility). The neutron beamfrom the neutron target is led to the group of spectrometers, such asthe fermi chopper. The choppers and the beam must be precisely synchronized to achieve high energy resolution. Also, the MR injection requires the proper RF bucket selection andprecise beam phase control to avoid the longitudinal dipole oscillations. In this presentation we describe the requirements of the beamsynchronization, the operational principle, and the newly developedmodules for the synchronization.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.