検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

RF characteristics of the SDTL for the J-PARC

J-PARC用SDTL空洞の高周波特性

伊藤 崇 ; 浅野 博之; 森下 卓俊 ; 山崎 良成; 田中 宏和*; 内藤 富士雄*; 加藤 隆夫*; 高崎 栄一*

Ito, Takashi; Asano, Hiroyuki; Morishita, Takatoshi; Yamazaki, Yoshishige; Tanaka, Hirokazu*; Naito, Fujio*; Kato, Takao*; Takasaki, Eiichi*

J-PARCで用いられるSDTL空洞は、H-ビームを50MeVから191MeVまで加速する。われわれは、SDTL空洞の高周波特性を測定し、電場分布の調整を行った。予測していたQ値はSUPERFISHの値の80%程度であったが、測定されたQ値は90%以上であり、ビーム加速に要求される高周波電力の低減が可能であることを確認した。また、すべての空洞においてビーム加速軸上の電場分布のばらつきを$$pm$$1%以内に調整し、安定したビーム加速の可能性を示した。

For the J-PARC (Japan Proton Accelerator Research Complex) linac, an SDTL (Separated type Drift Tube Linac) is used to accelerate an H$$^{-}$$ ion beam from 50 MeV to 191 MeV. We have measured the RF characteristics of the SDTL tanks and adjusted the field distribution. The measured Q value was above 90% of an ideal SUPERFISH value. Furthermore the field distribution was adjusted within $$pm$$1% for all the tanks.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.