検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

収着データベースの更新; 信頼性評価に伴う収録データの訂正と公開文献データの追加

An Update of the sorption database; Correction and addition of published literature data

齋藤 好彦; Ochs, M.*; 陶山 忠宏*; 北村 暁; 柴田 雅博; 笹本 広

Saito, Yoshihiko; Ochs, M.*; Suyama, Tadahiro*; Kitamura, Akira; Shibata, Masahiro; Sasamoto, Hiroshi

核燃料サイクル開発機構は、これまでに高レベル放射性廃棄物地層処分研究開発の第2次取りまとめにおいて、人工バリア及び天然バリアでの遅延能力を評価するうえで重要な放射性核種のベントナイトや岩石への分配係数(K$$_{rm d}$$)を収着データベース(JNC-SDB)として整備した(澁谷ほか、1999)。また、同整備以降の1998$$sim$$2003年の間に公開された文献をもとにデータを追加した(陶山,笹本、2004)。今回、日本原子力研究開発機構(以下、JAEA)として、JNC-SDBを拡充・更新するため、過去に公開された文献を広く再調査・データ収集を行い、K$$_{rm d}$$データを追加した。また、使用者の利便性を考慮して、JNC-SDBの機能を改良した。さらに、今回、「収着データベースを用いた収着分配係数の信頼性評価」作業に基づきデータベースを見直し、データの再入力を行った。今回の更新作業により、全体で23元素に対し、3,205件のK$$_{rm d}$$データが増加した。また、一部の元素については、これまでより分配係数の頻度分布がより明確になり、データの分布を把握しやすくなった。

Japan Nuclear Cycle Development Institute (JNC) has developed the sorption database (JNC-SDB) for bentonite and rocks in order to estimating a retardation capacity of important radioactive elements on natural barrier and engineered barrier in the H12 report. The database includes distribution coefficient (K$$_{rm d}$$) of important radionuclides. And JNC collected the sorption data from 1998 to 2003. In this report, Japan Atomic Energy Agency (JAEA) widely collected the sorption data in order to extend and update the sorption database. The updated database includes the published data which are not registered in the sorption database. In this updated JNC-SDB, 3,205 sorption data for 23 elements, which are important for performance assessment were included. The frequency of K$$_{rm d}$$ for some elements was clearly shown by addition of the sorption data.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.