検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Technology development for the construction of the ITER superconducting magnet system

ITER超伝導マグネットシステム建設のための技術開発

奥野 清; 中嶋 秀夫; 杉本 誠; 礒野 高明; 河野 勝己; 小泉 徳潔; 濱田 一弥; 布谷 嘉彦; 松井 邦浩; 名原 啓博; 喜多村 和憲; 押切 雅幸; 高野 克敏; 堤 史明

Okuno, Kiyoshi; Nakajima, Hideo; Sugimoto, Makoto; Isono, Takaaki; Kawano, Katsumi; Koizumi, Norikiyo; Hamada, Kazuya; Nunoya, Yoshihiko; Matsui, Kunihiro; Nabara, Yoshihiro; Kitamura, Kazunori; Oshikiri, Masayuki; Takano, Katsutoshi; Tsutsumi, Fumiaki

ITER超伝導マグネットの調達準備活動を通して得られた大型超伝導コイルの技術開発成果について述べる。ITER計画では原子力機構が主体となり、産業界の協力の下、各企業が有する優れた製作技術・生産能力を有効に活用し、調達準備活動を実施している。Nb$$_{3}$$Sn超伝導導体技術では、マグネットの設計変更によりNb$$_{3}$$Sn素線の臨界電流値に関する要求値が引き上げられたが、変更後の目標値をクリアーする素線の量産技術に見通しが得られた。また、局所的な曲げ歪みが素線の臨界電流値の低下を引き起こすことを実験的・解析的に明らかにし、その知見に基づいた導体設計手法の高度化が図られた。さらに、高さ14m,幅9m,1個の重量310tという大きなトロイダル磁場コイルを、所定の性能(68kA, 12T)が得られるように製作する技術の確立を目的とした技術活動を実施し、高精度巻線の検討,コイル容器用の高強度低温構造材を数十トンレベルで量産する技術の実証、及び機械加工・溶接の併用による大型コイル容器の製作技術の確立など、多くの成果が得られている。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:67.72

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.