検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Calculation of fission yield by macroscopic-microscopic method based on selective channel scission model

選択チャンネル核分裂モデルに基づく巨視的-微視的法による核分裂収率計算

太田 雅之; 中村 詔司

Ota, Masayuki; Nakamura, Shoji

U-235の中性子誘起核分裂を対象として、巨視的-微視的法によるチャンネル依存の核分裂ポテンシャルの計算を行った。巨視的な変形液滴の表面エネルギーとクーロンエネルギーに加えて、微視的な殻効果を同時に考慮した。分断へと向かう鞍点附近では、2つの分裂片への内部的な分裂が進んでいると考えられる。変形核にそれらの核分裂片を形状的に当てはめ、それぞれの分裂片の形状での殻効果の和が、その変形核全体の殻効果を与えると仮定した。形状的に当てはめられた分裂片における殻効果の計算に関しては、公開されている計算コードであるBarrier Codeを用いて行った。このポテンシャル計算から、選択チャンネル核分裂モデルに基づき、U-235の中性子誘起核分裂に対して核分裂収率を求め、実験結果と良い一致を得た。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.