検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

加速器駆動核変換システム用加速器の許容停止頻度と現状との比較

Comparison of beam trip frequencies between estimation from current experimental data of accelerators and requirement from ADS

武井 早憲; 辻本 和文; 大井川 宏之; 水本 元治*; 小川 雄二郎*; 古川 和朗*; 矢野 喜治*

Takei, Hayanori; Tsujimoto, Kazufumi; Oigawa, Hiroyuki; Mizumoto, Motoharu*; Ogawa, Yujiro*; Furukawa, Kazuro*; Yano, Yoshiharu*

本研究は、加速器駆動核変換システム(ADS)におけるビーム停止頻度を減少させる方法を探るため、停止時間が1分以下の停止事象を中心に、より詳細に許容ビーム停止頻度を評価し、加速器の運転実績に基づく停止頻度と比較した。その結果、高周波の反射が原因となる停止事象の停止時間が5秒以下に短縮された場合、停止時間が10秒以上のビーム停止頻度を現状の約10分の1程度に減少させれば良いことがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.