検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延深地層研究計画; 平成19年度調査研究計画

Horonobe Underground Research Laboratory project investigation program for the 2007 fiscal year

松井 裕哉; 中山 雅; 真田 祐幸; 山口 雄大

Matsui, Hiroya; Nakayama, Masashi; Sanada, Hiroyuki; Yamaguchi, Takehiro

本計画は、独立行政法人日本原子力研究開発機構が堆積岩を対象に北海道幌延町で実施しているものである。本計画は、調査研究の開始から調査研究の終了まで20年程度の計画とし、「地上からの調査研究段階(第1段階)」,「坑道掘削(地下施設建設)時の調査研究段階(第2段階)」,「地下施設での調査研究段階(第3段階)」の3つの段階に分けて実施することとしており、平成19年度は第2段階の3年目にあたる。平成19年度は、地層科学研究として、地質環境調査技術開発,地質環境モニタリング技術開発,深地層における工学的技術の基礎の開発及び地質環境の長期安定性に関する研究を、地層処分研究開発として、処分技術の信頼性向上及び安全評価手法の高度化についての調査研究を継続する。また、地下施設の建設については、換気立坑と東立坑の掘削を継続するとともに、先行ボーリング調査を実施する。地上施設については、平成18年度に引き続き、PR施設の建設工事及び展示物の製作を行い、平成19年5月末に竣工、夏頃に開館する予定である。また、国際交流施設については、実施設計を行う。

As part of the research and development program on geological disposal of HLW, the Horonobe Underground Research Center, a division of the JAEA is implementing the Horonobe URL Project with the aim of investigating sedimentary rock formations. The Horonobe URL Project is planned to extend over a period of 20 years. The investigations will be conducted in three phases. In the 2007 fiscal year, investigations in Geoscientific Research is continuously carried out. Investigations in R&D on Geological Disposal Technology is also continuously carried out. Construction of the underground facilities is ongoing at Ventilation Shaft and Access Shaft (East). Pre-boring around Ventilation Shaft is also carried out. Construction of the Public Information House and preparation of the exhibits are still continuing and will be completed in May 2007. Public Information House will be scheduled to open in summer. An execution design will be drawn up for the International Communication House.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.