検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Synchrotron radiation M$"o$ssbauer spectroscopy using Doppler-shifted 14.4 keV single line $$^{57}$$Fe-M$"o$ssbauer radiation

エネルギー可変超単色X線による放射光メスバウアー分光

三井 隆也; 瀬戸 誠; 増田 亮; 桐山 幸治; 小林 康浩*

Mitsui, Takaya; Seto, Makoto; Masuda, Ryo; Kiriyama, Koji; Kobayashi, Yasuhiro*

従来の硬X線による吸収分光や非弾性散乱は、分光結晶の回折角変化で入射X線のエネルギーを変化させることでeV-meV分解能のスペクトル測定が行われる。一方、われわれがSPring-8で実用化したneV分解能を持つ超単色X線による分光測定では、neV以下での精密なX線エネルギー変調技術が必要となるが、回折角変化による従来の方法では実現不可能である。本研究では、運動するSi単結晶からのX線回折で生じる光のドップラー効果を利用した超精密X線エネルギー変調光学素子を開発し、neVのエネルギー分解能を有し、かつneV以下の精度でエネルギー変調可能なビームの生成に成功し、放射光メスバウアー分光の最初の測定を実現した。このようなビームを利用することで、超高圧,強磁場,超低温を組合せた多重極限条件下における吸収散乱(メスバウアー分光,非弾性散乱)による未踏研究が実現するものと期待される。

Synchrotron radiation M$"o$ssbauer spectroscopy was performed using a pure nuclear Bragg reflection of a $$^{57}$$FeBO$$_{3}$$ singlecrystal at the N$'e$el temperature and a Bragg reflection of an oscillating Si single crystal. The developed optical systemfor nuclear diffraction could produce a Doppler-shifted 14.4 keV single-line $$^{57}$$Fe-M$"o$ssbauer radiation and it enabled us to observe the energy-domain synchrotron radiation M$"o$ssbauer spectrum with an absorber at rest.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:49.87

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.