検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC RCS入射部およびダンプラインのモニターシステム

Injection and dump line monitor system of J-PARC RCS

佐藤 健一郎; 廣木 成治 ; Lee, S.*; 林 直樹 ; 山本 風海  ; 平松 成範*; 外山 毅*; 荒川 大*; 五十嵐 前衛*; 佐伯 理生二

Sato, Kenichiro; Hiroki, Seiji; Lee, S.*; Hayashi, Naoki; Yamamoto, Kazami; Hiramatsu, Shigenori*; Toyama, Takeshi*; Arakawa, Dai*; Igarashi, Zenei*; Saeki, Riuji

RCS入射部, H0ダンプラインにはさまざまなビームモニターがインストールされている。入射部のモニターはビーム入射軌道調整に使われる。いうまでもなく、ビームを正確にリング内へ入射することは、リング内のビームロスを減らすために必要不可欠であり、そのためには正確なビームモニターリングが必要である。入射部モニターシステムはRCSの安定運転のために最も重要な機器群の一つであるといえる。H0ビームダンプには入射時に不要となる一部のビームを廃棄する。このビームダンプには4kW以下というビーム電力の制限があり、設置されるモニターには、廃棄ビーム軌道の調整とともにビーム量を正確に監視するという目的がある。本学会では、これらのビームモニターシステムについて概説する。

At the injection and H0 dump line of J-PARC RCS, different beam monitors have been installed. Main purpose of the beam monitors in the injection line is to generate a beam position and profile to adjust the injection trajectory to the RCS ring. To guide the injected beam precisely is, needless to say, required to reduce the beam loss in the ring. Hence the monitor system is one of the most essential to operate the RCS. At the injection point, there are also some beams that are not match the RCS ring, that is negative and neutral proton beam. H0 dump accepts the unsuitable beams through the H0 dump line. The power limitation of the H0 dump is 4 kW. The monitor system in the dump line is to handle the beam and to monitor the dumped beam power. At the conference these monitor systems will be outlined.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.