検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延深地層研究計画; 平成18年度調査研究成果報告

Horonobe Underground Research Laboratory Project; Investigation report for the 2006 fiscal year

松井 裕哉; 中山 雅; 真田 祐幸

Matsui, Hiroya; Nakayama, Masashi; Sanada, Hiroyuki

幌延深地層研究計画は、「地上からの調査研究段階(第1段階)」,「坑道掘削(地下施設建設)時の調査研究段階(第2段階)」,「地下施設での調査研究段階(第3段階)」の3つの段階に分けて実施している。平成18年度は、平成17年度から開始した第2段階の2年目にあたる。平成18年度は、「幌延深地層研究計画 平成18年度調査研究計画」に従って、調査研究及び地上施設と地下施設の建設を進めた。研究開発は、従来通り、「地層科学研究」と「地層処分研究開発」に区分して行った。具体的には、「地層科学研究」では、地質環境調査技術開発,地質環境モニタリング技術開発,深地層における工学的技術の基礎の開発,地質環境の長期安定性に関する研究という研究課題を設定し、「地層処分研究開発」では、処分技術の信頼性向上として、人工バリア等の工学技術の検証,設計手法の適用性確認を、安全評価手法の高度化として、安全評価モデルの高度化と安全評価手法の適用性確認という研究課題を設定している。

The Horonobe URL project is planned to extend over a period of 20 years. The investigations will be conducted in three phases, namely Surface-based investigations, Construction Phase (investigations during construction of the underground facilities) and Operation phase (research in the underground facilities). This report summerizes the results of the investigations for 2006 fiscal year (2006/2007), the second year of the Phase 2 investigations. The investigations, which are composed of Geoscientific research and R&D on geological disposal of high-level radioactive waste (HLW), were carried out according to Horonobe Underground Research Laboratory Project Investigation Program for the 2006 Fiscal Year.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.