検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Status of reduced enrichment program for research reactors in Japan

日本の研究炉における濃縮度低減計画の状況

宇根崎 博信*; 太田 和則; 井上 猛

Unesaki, Hironobu*; Ota, Kazunori; Inoue, Takeshi

日本の研究炉におけるウラン濃縮度低減計画の状況をレビューした。日本では、14基の研究炉と臨界実験装置が運転されている。そのうちRERTR(Reduced Enrichment for Research and Test Reactors)計画に関連するのは、京都大学原子炉実験所のKUR及び日本原子力研究開発機構のJRR-4, JMTR, JRR-3である。原子力機構におけるJRR-4, JMTR, JRR-3に関する低濃縮化計画は1999年に終了し、低濃縮ウランを使用した運転を順調に行っている。京都大学原子炉実験所においては2006年2月に、高濃縮ウランを使用したKURの運転が終了した。KURの低濃縮ウランへの全炉心転換に対する設置変更許可取得を行い、2008年に使用前検査を受検し、合格する予定である。なお、これによって日本における低濃縮ウランへの炉心転換は完成する。

The status of reduced enrichment program for research reactors in Japan will be reviewed. Among the fourteen research reactors and critical assemblies in operation in Japan, those concerned with the RERTR program are the JRR-3, JRR-4 and JMTR of Japan Atomic Energy Agency (JAEA) and KUR of Kyoto University Research Reactor Institute (KURRI). Reduced enrichment programs for the JRR-3, JRR-4 and JMTR of JAEA has been completed by 1999, and the reactors are being satisfactory operated using LEU fuels. In KURRI, the KUR has terminated its operation with HEU on February 2006. Licensing for the full core conversion of KUR to LEU fuel is under progress and the core conversion to LEU is expected to be completed in 2008.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.