検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

光ファイバー式岩盤内変位計の開発,3

Development of optical fiber displacement sensor for bedrocks (The Third year)

柏井 善夫*; 大丸 修二*; 真田 祐幸; 松井 裕哉

Kashiwai, Yoshio*; Daimaru, Shuji*; Sanada, Hiroyuki; Matsui, Hiroya

本報告書は、大成基礎設計が日本原子力研究開発機構との契約により実施した研究成果に関するものである。この業務は、幌延深地層研究計画の第2段階以降における調査・研究計画(地下施設関連)に伴い、立坑部と水平坑道部の周辺岩盤で生じる大変形$$sim$$微小変形までを長期間に渡り安定して計測するための多段式の光ファイバセンサ式岩盤内変位計を開発することを目的としている。本年度は、前年度まで浅部用1種類、深部用1種類であったプロトタイプを浅部用1種類,深部用2種類の構成に変更して、測定対象領域を拡大した実証実験用装置を製作し、設置実験と1か月の継続観測データの取得を行った。また、爆発危険場所において作業可能な防爆型の光ファイバ融着接続装置のプロトタイプを試作した。以上の結果をとりまとめるとともに本格的な機器の製作に向けた課題を抽出整理した。

This work was performed by Taisei Kiso Sekkei Co., Ltd. under contract with Japan Atomic Energy Agency. The objective of this work is development of multiple stage optical fiber displacement sensors for the long-term deformation monitoring in rock mass of shafts and horizontal tunnels at the Phase 2 of Horonobe Underground Research project. The field test was done for installation to the borehole drilling in bedrock and continuous observation of one month. A prototype of explosion-proof fusion splice was also made for setting work in the flammable circumstance.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.