検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

人形峠周辺環境の監視測定結果(平成18年度); 岡山県内

The Annual report on the environmental monitoring around the Ningyo-toge, 2006; Okayama

田子 格; 小野 高行; 石森 有; 川崎 悟

Tago, Itaru; Ono, Takayuki; Ishimori, Yuu; Kawasaki, Satoru

人形峠環境技術センターでは、良好な自然環境の確保等を目的として岡山県・鳥取県と締結した環境保全協定に従って、センターやウラン鉱山跡の捨石たい積場周辺の環境監視測定を実施している。また、回収ウラン転換実用化試験(平成6年$$sim$$平成11年)に伴ってセンター周辺でのプルトニウムについての環境測定も実施している。また、今年度より県境鳥取県側において方面掘削土を原料としてレンガを製造する計画に伴い、県境周辺の環境測定を実施している。これらの監視測定結果は、各々の県に定期的に報告するとともに、専門家で構成される岡山県環境放射線等測定技術委員会(岡山県)や鳥取県放射能調査専門家会議(鳥取県)において審議・評価を受けている。本資料は岡山県に報告し、岡山県環境放射線等測定技術委員会において評価を受けた平成18年度の環境監視測定結果についてまとめたものである。

The Ningyo-toge Environmental Engineering Center of the Japan Atomic Energy Agency (JAEA Ningyo-toge) performs the environmental monitoring around the Ningyo-toge and the waste rock sites according to the agreements with local governments, Okayama and Tottori prefectures. Environmental monitoring of plutonium has been also performed around the Ningyo-toge regarding the practical application study on the reprocessed uranium conversion, which was carried out from 1994 to 1999 at the Ningyo-toge. Each prefectural committee on the environmental monitoring evaluate the monitoring data annually. This report summarized the results of the environmental monitoring in Okayama prefecture in the fiscal year 2006. The results show that the levels of the radiation and the radioactive concentrations in the environment were within natural variations, and the committee concluded the environmental impacts from the sites were negligible.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.