検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

注入圧力によるグラウトの目詰まり現象抑制効果

Prevention of clogging phenomenon with high-grouting pressure

延藤 遵*; 西垣 誠*; 見掛 信一郎 ; 小林 伸司*; 佐藤 稔紀* 

Nobuto, Jun*; Nishigaki, Makoto*; Mikake, Shinichiro; Kobayashi, Shinji*; Sato, Toshinori*

本研究は、硬質な亀裂性岩盤を対象とした止水グラウト方法について検討したものである。まず、硬質な岩盤におけるグラウト注入実績として北欧のトンネルグラウト技術を取り上げ、その特徴を整理した。その結果、(1)高濃度のセメントグラウト配合,(2)高密度の注入孔配置,(3)複数孔の同時注入、を主な特徴とするプレグラウト工法により高い止水性と施工の合理化を同時に達成していることが判明した。しかし、高濃度配合は注入孔内の岩盤亀裂入り口においてグラウト材料が目詰まりし、不十分な注入となることが懸念される。そこで、高濃度配合の妥当性を検証するために、目詰まり試験を実施した。その結果、注入圧力を段階的に上昇させることである程度目詰まりを抑制し、水粉体比1.6という高濃度な配合のグラウト材料を十分に注入できることが判明した。

This paper describes a study on grouting strategy for crystalline rock. First, grouting practices used in Nordic countries are summarized. Their main characteristics are the usage of thick slurry of grout material, dense pattern of grout holes and simultaneous injection of plural holes, which enable both of high-level water sealing and shortening of grouting work. To investigate the applicability of thick cement slurry, high-pressure clogging test simulating real grouting work has been conducted. The test results indicated the possibility to prevent the clogging phenomenon of thick cement slurry, i.e. water cement ratio of 1.6, by increasing the injection pressure gradually.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.