検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Half-life of the $$^{164}$$Ho by the ($$gamma$$,$$n$$) reaction from Laser Compton scattering $$gamma$$ rays at the electron storage ring NewSUBARU

NewSUBARUの逆コンプトン$$gamma$$線による($$gamma$$,$$n$$)反応で生成した$$^{164}$$Hoのアイソマーの半減期

早川 岳人; 静間 俊行; 宮本 修治*; 天野 壮*; 堀川 賢*; 石原 一樹*; 森 道昭; 川瀬 啓悟; 神門 正城; 菊澤 信宏; 千葉 敏; 望月 孝晏*; 梶野 敏貴*; 藤原 守

Hayakawa, Takehito; Shizuma, Toshiyuki; Miyamoto, Shuji*; Amano, So*; Horikawa, Ken*; Ishihara, Kazuki*; Mori, Michiaki; Kawase, Keigo; Kando, Masaki; Kikuzawa, Nobuhiro; Chiba, Satoshi; Mochizuki, Takayasu*; Kajino, Toshitaka*; Fujiwara, Mamoru

$$^{164}$$Erはp核であるが、近傍のp核と比較して太陽組成が1桁大きいため、1950年代から起源が議論されてきた。その生成メカニズムの1つとして高温下でベータ崩壊する$$^{163}$$Dyを基点とした遅い中性子捕獲反応過程の分岐が提案されている。$$^{164}$$Hoは生成過程の途中に位置するため、その崩壊スキームの解明は重要である。$$^{164}$$Hoには約37.5分の半減期のアイソマーが存在する。しかし、その半減期は1966年に計測された後、測定されていない。そこで、本研究では、NewSUBARUの逆コンプトン$$gamma$$線による($$gamma$$,$$n$$)反応によって$$^{164}$$Hoを生成し、アイソマーの崩壊による$$gamma$$線の崩壊曲線を計測する手法で、半減期をより精密に測定した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:35.59

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.