検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study on the weld characteristics of 316LN by magnetization measurement

磁化測定を用いた316LNの溶接部特性に関する研究

Kim, H. C.*; Kim, K.*; Lee, Y. S.*; Cho, S. Y.*; 中嶋 秀夫

Kim, H. C.*; Kim, K.*; Lee, Y. S.*; Cho, S. Y.*; Nakajima, Hideo

異なった溶接ワイヤを用いた316LNの溶接部の磁化測定を温度と磁場を変化させて実施した。この結果、測定された透磁率は、使用する溶接ワイヤに大きく依存した。また、溶接部の磁化の磁場依存性は母材とは異なることが観測された。溶接材料を使用しない溶接部あるいはマンガン含有量の少ない溶接ワイヤでは、オーステナイトと異なる第二相が形成されているが、ITERで使用する高マンガンを含有する溶接ワイヤではオーステナイト以外の第二相は観測されなかった。この結果、高マンガンを有するワイヤは組織が安定しており、ITERでの仕様に適していることがわかった。

The characteristics of 316LN welded joints produced by different welding wires were studied through temperature and field dependent magnetization measurements. The magnetic permeability of welded joints showed significant variations depending on the used welding wires. While the self-welded and low-Mn content filler-welded samples showed signs of secondary phase formation, considerable suppression of the secondary phase formation was observed in high-Mn content filler-welded samples. It is concluded that the high-Mn content welding wire is the best one for use in ITER superconducting magnets because its structure is very stable austenite.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:38.58

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.