検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Mock-up test on key components of ITER blanket remote handling system

ITERブランケット遠隔取扱システムの主要機器に関するモックアップ試験

武田 信和; 角舘 聡; 中平 昌隆; 松本 泰弘; 田口 浩; 小坂 広; 柴沼 清; Tesini, A.*

Takeda, Nobukazu; Kakudate, Satoshi; Nakahira, Masataka; Matsumoto, Yasuhiro; Taguchi, Ko; Kozaka, Hiroshi; Shibanuma, Kiyoshi; Tesini, A.*

ブランケットやダイバータなどのITERの真空容器内機器の保守作業は、高$$gamma$$線環境のため、遠隔機器によって行われる必要がある。工学設計活動(EDA)において、原子力機構はブランケット遠隔保守に用いるビークルマニピュレータシステムのプロトタイプを製作し、ブランケットの自動位置決めや多関節レールの展開動作等、このシステムの成立性を確認した。ITERに対する本システムの調達を円滑に行うため、その後も原子力機構は数々の研究開発を継続している。EDA後に残された課題としては、レール接続,ケーブルハンドリング,第一壁のその場交換が挙げられる。三番目の課題は最近提起され、現在まだ議論中である。本報告では、前二者の課題についての試験結果を中心に報告を行う。

The maintenance operation of the ITER in-vessel component, such as a blanket and divertor, must be executed by the remote equipment because of the high $$gamma$$-ray environment. During the Engineering Design Activity (EDA), the Japan Atomic Energy Agency had been fabricated the prototype of the vehicle manipulator system for the blanket remote handling and confirmed feasibility of this system including automatic positioning of the blanket and rail deployment procedure of the articulated rail. The JAEA is continuing several R&Ds so that the system can be procured smoothly to ITER. The residual key issues after the EDA are rail connection, cable handling and in-situ replacement of first wall. The last issue is newly raised and currently under the discussion. This presentation concentrates on the former two issues.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:63.13

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.