検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Radiation process of carbon ions in JT-60U detached divertor plasmas

JT-60Uの非接触ダイバータプラズマにおける炭素イオンの放射過程

仲野 友英; 久保 博孝; 朝倉 伸幸; 清水 勝宏; 川島 寿人; 東島 智

Nakano, Tomohide; Kubo, Hirotaka; Asakura, Nobuyuki; Shimizu, Katsuhiro; Kawashima, Hisato; Higashijima, Satoru

JT-60Uの非接触ダイバータプラズマから放射される炭素イオンのスペクトル線強度を測定し、それらの強度比を衝突放射モデルを用いて解析した。その結果、プラズマからの放射パワーのうち、60%がC$$^{3+}$$イオン、30%がC$$^{2+}$$イオンによるものであること、及びC$$^{3+}$$はC$$^{2+}$$イオンの電離及びC$$^{4+}$$イオンの体積再結合によってほぼ同程度で生成することが明らかにされた。また、生成したC$$^{3+}$$は再結合によって損失するのではなく、放射領域から輸送によって損失することが示唆された。

Therefore it is concluded that the dominant radiator, C$$^{3+}$$, is produced by ionization of C$$^{2+}$$ and recombination of C$$^{4+}$$ at similar rates around the X-point in the detached plasma, and that C$$^{2+}$$ is the second biggest radiator. Further the transport loss of C$$^{3+}$$ will be investigated by an impurity transport code (IMPMC), in addition to comparison of the radiation power and atomic processes.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:23.73

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.