検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

放射線取り扱い施設における重度被ばく者の線量評価システム

Dose assessment system for a heavily exposed person in radiation facility

高橋 史明; 重森 祐志*; 関 暁之

Takahashi, Fumiaki; Shigemori, Yuji*; Seki, Akiyuki

放射線取り扱い施設で、人為,技術的なエラー要因により、多量の放射線による被ばく者が発生する可能性は完全に排除できない。万一、保全検査時に被ばくが発生した場合は、健康被害を最小限にする医療措置の方針を、被ばくの程度(全身の被ばく線量)に基づき決定する。その後、具体的な医療措置を遂行するには、体内の線量分布の情報が必要となる。放射線輸送計算コードを利用した場合、被ばく者の体内の線量を解析できるという特長がある。一方で、放射線輸送計算による解析においては、入力ファイルの作成,出力ファイルに基づく線量情報の提示は煩雑な手順などを必要とし、人的なエラーが発生する可能性がある。そこで、入力条件をPC画面で逐次確認しながら対話形式で入力ファイルを作成できるプログラムなどを組み入れて、放射線輸送計算コードを効率的に利用する線量評価システムを開発した。この成果は放射線取り扱い施設における保全検査時の被ばく評価に利用可能である。

Failure of safety management system can bring about a heavily exposed person in maintenance of a radiation facility, though such a case is very rare. A method using radiation transport code has advantages in an assessment of dose distribution inside a human body. Complicated procedures, however, are needed to prepare an input-file and to derive radiation dose based upon descriptions of an output-file in a numerical analysis using a radiation transport code. Thus, a system was developed to set up necessary information for an input file and to give radiation dose from an output file by a dialogue method using graphical user interfaces. Dose assessment can be effectively carried out for a radiological accident with this system.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.