検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ウラン廃棄物の余裕深度処分概念の検討,4

Study of subsurface disposal concepts for uranium waste, 4

石戸谷 公英; 中谷 隆良; 船橋 英之; 佐々木 良一*; 高瀬 敏郎*; 黒沢 満*

Ishitoya, Kimihide; Nakatani, Takayoshi; Funabashi, Hideyuki; Sasaki, Ryoichi*; Takase, Toshio*; Kurosawa, Mitsuru*

本研究では、原子力安全委員会が取りまとめた「低レベル放射性廃棄物埋設に関する安全規制の基本的考え方(中間報告)」(平成19年7月)に示されたシナリオ区分を参考とし、将来起こると予見される事象を考慮してシナリオの検討を行い、各シナリオに対するパラメータ設定及び線量評価を実施した。核種移行にかかわるパラメータとしては、処分施設からの放射性核種の放出係数,天然バリアの分配係数,地下水流速及び処分施設から河川(放射性核種の流出点)までの距離(移行距離)に着目した整理を行った。評価の結果、放射性核種の流量の増加や、天然バリアの塩水性環境への変化による一部の放射性核種の分配係数の減少により、一部のケースにおいて、10$$mu$$Sv/yをやや上回った。「造構運動-隆起・侵食」シナリオでは、条件によっては10$$mu$$Sv/yを大きく上回ったが、現実的に発生することが考えにくいパラメータの急激な変化を入力条件とした評価手法によるところも大きく、本ケースでは、パラメータの変化が1万から10万年の間に線形的に変化する条件を想定した評価を行ったところ、最大被ばく線量は10$$mu$$Sv/yを下回った。

In this study, some scenarios for safety assessments were developed. According to each developed scenario, the parameters were set up for dose calculation. Calculated results were analyzed and summarized from the viewpoints of effects of radionuclide migration parameters such as release coefficient, distribution coefficient, ground water velocity and migration distance. Dose more than 10 $$mu$$ Sv/y was calculated in some cases. Increase of ground water velocity or decrease of distribution coefficient caused by sea water inflow into migration path influenced slightly on the dose excess. In case of rapid change of the parameters, severe influences on the dose excess were observed. But, it wasn't thought that this rapid change would happen actually. On the other hand, in case of linear assumption of parameter change from 10,000 y to 100,000 y, dose less than 10 $$mu$$ Sv/y was calculated.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.