検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

非破壊手法によるウラン・プルトニウム組成比決定法の研究

Research for determination of elemental ratio between Uranium and Plutonium by Non-destructive method

高峰 潤; 春山 満夫; 高瀬 操

Takamine, Jun; Haruyama, Mitsuo; Takase, Misao

核燃料施設で発生する廃棄物のような、ウランとプルトニウムが混在している測定対象物中の存在比を決定する手法は未だ知られていない。Pu-239の比放射能はU-235の約10,000倍である。したがって、放射能評価において、これらの存在量を決定することは非常に重要である。そこで、14MeV中性子直接問いかけ法によって得られる、遅発中性子と即発中性子に注目し、それらの相関関係からウランとプルトニウムの存在比を決定する手法を開発した。この手法を確認するために、ウランとプルトニウムの存在比をパラメータとした測定実験を行ったところ、その実験値は理論値と精度よく一致することがわかった。これによって、測定結果から存在比導出が可能であることがわかった。

We have not yet known the nondestructive detection method to determine each quantity of the object which Uranium and Plutonium is mixed in, such a waste generated from nuclear fuel cycle facility, and so radioactive intensity of Pu-239 is 10,000 times as much as U-235. Therefore, on radioactive assessment, it is important to precisely quantify each mass. Then we paid attention to the component of delayed and prompt neutron obtained by 14 MeV neutron direct interrogation method and so developed the new method to determine mass ratio between Uranium and Plutonium from those correlations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.