検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARCシンクロトロンRF空胴のためのMAコアの開発

Development of MA core for J-PARC Ring RF Cavity

野村 昌弘; 田村 文彦 ; Schnase, A.; 山本 昌亘; 長谷川 豪志; 島田 太平; 鈴木 寛光; 絵面 栄二*; 原 圭吾*; 戸田 信*; 大森 千広*; 高木 昭*; 吉井 正人*; 穴見 昌三*; 芳賀 浩一*

Nomura, Masahiro; Tamura, Fumihiko; Schnase, A.; Yamamoto, Masanobu; Hasegawa, Katsushi; Shimada, Taihei; Suzuki, Hiromitsu; Ezura, Eiji*; Hara, Keigo*; Toda, Makoto*; Omori, Chihiro*; Takagi, Akira*; Yoshii, Masahito*; Anami, Shozo*; Haga, Koichi*

J-PARCでは、RCS及びMRの両シンクロトロンに、金属磁性体コアを装填した加速空胴を採用している。これらの加速空胴は、6個の水タンクからなり、計18枚の金属磁性体コアが装填されている。コアの冷却方式は水による直接冷却方式であり、加速ギャップは3か所である。この加速空胴の特長は、高い加速電圧(45kV/Cavity)を達成するために金属磁性体コアを採用している点である。RCSへは去年の夏に10台の据付けを完了し、約一年間のビームコミッショニングを行った。また、MRに関しては、今年の春に4台の据付けを完了し、約2か月間のビームコミッショニングを行った。本発表では、この金属磁性体コアの据付け前に行った300時間から1000時間以上の長期連続通電試験の結果、ビームコミッショニング中の運転状況、これらから得られた金属磁性体コアに対する知見について述べる。

We have been developing MA core for J-PARC Ring RF Cavity. From long run tests, we found that poor electrical isolation between layers caused damages to the cores. We improved the electrical isolation mainly by introducing a smooth tension control system to the winding process. The degree of the each core's electrical isolation was evaluated by the results of DC resistance and radial RF impedance measurements. After long run tests of all of the cores, we installed 10 RF cavities in a tunnel in May 2007 and beam commissioning was started from October 2007. Until now, total operation time of the RF cavities in the tunnel is about 1500 hours. To check the condition of the cores, we measured the RF cavity impedance at intervals of beam operations. The result of impedance measurements shows that no impedance reduction related to core damage was observed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.