検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

最近の核融合炉壁候補材料の照射損傷

Radiation damage on recent fusion reactor candidate materials

若井 栄一; 室賀 健夫*; 長谷川 晃*

Wakai, Eiichi; Muroga, Takeo*; Hasegawa, Akira*

低放射化フェライト鋼は核融合炉の原型炉用構造材料の第一候補材料である。日本国では高温高圧水冷却方式の核融合炉システム設計をベースにして研究開発が進められている。低放射化フェライト鋼の使用上限温度は約550$$^{circ}$$Cであり、冷却管温度を約285から325$$^{circ}$$Cと設計しているので、構造部材の温度分布を考慮すると約300$$^{circ}$$Cから約500$$^{circ}$$Cの温度領域での照射損傷による材料特性変化(微細組織,引張特性,破壊靭性(衝撃試験含む)等)の評価が重要な課題である。本包括的研究ではこのような温度領域において低放射化フェライト鋼F82H等の弾き出し損傷量や核変換生成物量に依存した微細組織の発達過程、並びにこれらの量に依存した引張特性と破壊靭性の変化、さらには耐照射性向上に関する最新の照射効果研究を実施し、解析した内容をまとめたものである。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.