検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Status of the BA-IFERC activities in Japan

日本における幅広いアプローチ活動の国際核融合エネルギーセンターの現状

奥村 義和

Okumura, Yoshikazu

日欧の幅広いアプローチ協定のもとで、国際核融合エネルギーセンター(IFERC)事業が日本の青森県六ヶ所村で始まっている。IFERC事業は、3つのタスクから成る。すなわち、(1)原型炉設計と研究開発調整活動,(2)核融合計算シミュレーション,(3)ITER遠隔実験である。原型炉タスクは、将来の核融合による発電を目指して、原型炉の設計と材料開発,炉工学の研究開発を含む。核融合計算シミュレーションはJT-60SAやITERの燃焼プラズマの解析を行い、ITERの遠隔実験に資するとともに、炉設計や技術開発にも使用される。IFERC事業は青森県六ヶ所の新しい研究サイトで実施される。既に整地が終わっており、建屋の実施設計が2008年1月に完了した後、2008年3月には建屋の建設が開始されている。すべての建屋は2009年度中に竣工の予定であり、その後、原型炉研究開発のための実験施設を据え付ける予定である。

Under the BA Agreement between EU and Japan, IFERC (International Fusion Energy Research Centre) project are undertaken at Rokkasho, Aomori, Japan. The IFERC project comprises three tasks, namely, (1) DEMO design and R&D coordination, (2) Fusion computer simulation, and (3) ITER remote experimentation. The DEMO task includes reactor design, materials development and technology R&D aiming at paving the way towards the demonstration of fusion power generation. The fusion computer simulation task, intimately linked to the ITER remote experimentation task, includes analysis and/or prediction of burning plasmas of ITER and of the JT-60SA, and also supports design and tests of reactor technology systems. Land preparation of the Rokkasho site has already been completed. The construction of the buildings started in March 2008 and will be completed in FY 2009, followed by the installation of the experimental equipments for the DEMO R&D.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:10.95

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.