検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ITER CS用導体試験サンプルの中性子回折による歪測定計画

Strain measurements plan of the qualification sample for ITER CS using neutron diffraction

辺見 努; 松井 邦浩; 長谷 隆司*; 小泉 徳潔; 高橋 良和; 奥野 清; 鈴木 裕士; Harjo, S.; 相澤 一也; 土屋 佳則*; 町屋 修太郎*; 長村 光造*

Hemmi, Tsutomu; Matsui, Kunihiro; Hase, Takashi*; Koizumi, Norikiyo; Takahashi, Yoshikazu; Okuno, Kiyoshi; Suzuki, Hiroshi; Harjo, S.; Aizawa, Kazuya; Tsuchiya, Yoshinori*; Machiya, Shutaro*; Osamura, Kozo*

原子力機構はITER中心ソレノイド(CS)用導体の調達を担当する。2009年度からCS導体の調達活動を開始するため、スイスのローザンヌ工科大学プラズマ物理研究センター(CRPP)が所有する実規模導体臨界電流試験装置(SULTAN)を用いて導体性能を実証する必要がある。現在、そのためのサンプル製作を進めている。本報告では、試験サンプルの設計及び製作の前に実施したジョイント試作の結果を報告する。また、導体性能を正確に測定するためには、導体の残留歪を管理することが要求される。これまで、TF導体では、薄肉ジャケットであるため、ジャケットの歪を解放法により測定することができたが、CS導体では、ジャケットが厚くなり、これを適用することが困難である。そこで、中性子回折による歪測定を適用し、超伝導体の歪を直接測定することを検討している。本報告では、この計画についても報告する。

JAEA is responsible for the procurement of the CS conductor of the ITER magnet system. In order to start the procurement of the CS conductor, the performance of the CS conductor have to be demonstrated. The qualification sample has been fabricated for the test using SULTAN apparatus at the Plasma Physics Research Centre (CRPP) of the Swiss Federal Institute of Technology of Lausanne (EPFL). In this presentation, the design and the fabrication of the qualification sample is reported. The residual strain should be controlled for the measurement of the correct performance. The neutron diffraction will be applied to the direct measurement of the strain of the superconducting cable. This plan is also presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.