検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ITER TFコイル用ケーブルインコンジット導体の中性子回折による残留ひずみ評価

Residual strain estimation of CICC for ITER TF using neutron diffraction

町屋 修太郎*; 長村 光造*; 辺見 努; 松井 邦浩; 鈴木 裕士; 土屋 佳則*

Machiya, Shutaro*; Osamura, Kozo*; Hemmi, Tsutomu; Matsui, Kunihiro; Suzuki, Hiroshi; Tsuchiya, Yoshinori*

ITER用ケーブルインコンジット導体(CICC)について、中性子ひずみ評価について検討を行ったので報告する。ITER用CICCは現在サルタンで試験が行われており、切断することでマクロな方法で残留ひずみの推定が行われているが、直接超伝導相であるNb$$_{3}$$Snのひずみを非破壊的に測定する手法は今までなかった。本報告では、サルタンで試験を行い、その後切断された導体で、高磁場部と低磁場での残留ひずみの比較検討を行った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.