検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力緊急事態に対する準備と対応に関する国際動向調査及び防災指針における課題の検討

Survey on current status of international organizations and foreign countries for emergency preparedness and response and consider technical issues on guideline for nuclear emergency preparedness

木村 仁宣; 佐藤 宗平; 石川 淳; 本間 俊充

Kimura, Masanori; Sato, Sohei; Ishikawa, Jun; Homma, Toshimitsu

国際機関及び諸外国における原子力緊急事態への準備と対応に関する最新の動向を調査し、原子力安全委員会が示す防災指針の技術的・専門的事項に関する課題の検討を行った。まず、IAEAの原子力防災に関する安全要件GS-R-2をはじめとした安全基準文書に示される緊急事態への準備と対応の基本的な考え方及びICRPにおける緊急事態に対する放射線防護の考え方の概要をまとめた。さらに、米国等の緊急時計画と対応にかかわる法的基盤,事故想定と緊急時計画範囲,防護対策と介入レベル,訓練,関係機関の役割を整理した。次に、これらの調査を参考に、防災指針の課題として、緊急事態準備と対応の基本要件,緊急時計画範囲(EPZ),防護対策のための指標,防護措置実施の考え方,専門家支援体制のあり方について検討した。防災指針がこれまで以上に実効性の高いものになるためには、事故の初期段階から解除段階までをあらかじめ見据え、緊急事態準備と対応の基本的考え方を示すことが重要である。そして、緊急事態に対する計画段階では施設に対する脅威の評価方法,緊急事態区分に対する緊急時活動レベル(EAL),予防的活動範囲(PAZ)及び緊急防護措置計画範囲(UPZ)、また、対応段階では、防護措置実施の基本的考え方や運用上の介入レベル(OIL)を整備する必要がある。

The review report describes survey results of nuclear emergency preparedness and response in international organizations and foreign countries, and consideration results of technical issues on the "Guideline for Nuclear Emergency Preparedness" issued by the NSC. In order to respond to nuclear emergency more effectively, the guideline should show the basic concept of emergency preparedness and response for the period between the beginning of the nuclear accident and the termination of early protective measurements. In order to introduce these new concepts to the guideline, all necessary issues should be arranged and considered in reference to the recent trend for the concept of nuclear emergency preparedness and response in international organizations and foreign countries.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.