検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study of oxygen getter materials for the restraining of FCCI in high burn-up FBR MOX fuels

高燃焼度FBR MOX燃料のFCCI低減に向けた酸素ゲッター材の研究

森平 正之 ; 瀬川 智臣 ; 松山 慎一郎*; 油田 良一*; 滑川 卓志

Morihira, Masayuki; Segawa, Tomomi; Matsuyama, Shinichiro*; Yuda, Ryoichi*; Namekawa, Takashi

高速増殖炉サイクル実用化研究開発(FaCTプロジェクト)では集合体ピーク250GWd/tの高燃焼度化を目指している。その実現のためには照射中に生じる余剰酸素に起因するFCCIを抑制する必要があり、これまでMOXペレットの低O/M比化による余剰酸素吸収能力の強化を目指してきたが、低O/M比ペレットの量産に向けては多くの課題があるため、これに代わる方法として酸素ゲッター法の研究に着手した。これは燃料ピン内に装荷した金属片に余剰酸素を吸収させる方法であり、それによってペレットのO/M比要求を緩和することができる。本研究では、酸素ゲッターとしての要求を満たす材料のサーベイ及び被覆管装荷方法の検討を行い、金属Zr,金属Ti等の候補材を選定し、次にそれらの候補材について想定使用条件下における酸素吸収能力並びにMOX, UO$$_{2}$$及びFMS被覆材との共存性の評価を行った。

Removal of excess oxygen in a MOX fuel element during the irradiation is required to attain a high burn up of FBR fuel because the increase of the oxygen potential in a fuel element during the irradiation accelerates FCCI. The oxygen getter method is an alternative to the low O/M ratio pellet option. Preliminary surveillance suggested Zr and Ti were most expecting candidates. In this study, the compatibility of these candidate materials with MOX, UO$$_{2}$$ and FMS as well as their oxygen uptake abilities were evaluated.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.