検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Neoclassical tearing mode control using electron cyclotron current drive and magnetic island evolution in JT-60U

JT-60UにおけるECCDによる新古典テアリングモード制御及び磁気島の発展

諫山 明彦; 松永 剛; 小林 貴之; 森山 伸一; 大山 直幸; 坂本 宜照; 鈴木 隆博; 浦野 創; 林 伸彦; 鎌田 裕; 小関 隆久; 平野 洋一; Urso, L.*; Zohm, H.*; Maraschek, M.*; Hobirk, J.*; 長崎 百伸*; JT-60チーム

Isayama, Akihiko; Matsunaga, Go; Kobayashi, Takayuki; Moriyama, Shinichi; Oyama, Naoyuki; Sakamoto, Yoshiteru; Suzuki, Takahiro; Urano, Hajime; Hayashi, Nobuhiko; Kamada, Yutaka; Ozeki, Takahisa; Hirano, Yoichi; Urso, L.*; Zohm, H.*; Maraschek, M.*; Hobirk, J.*; Nagasaki, Kazunobu*; JT-60 Team

本論文では、JT-60Uにおける電子サイクロトロン電流駆動(ECCD)を用いた新古典テアリングモード(NTM)の安定化に関して述べている。$$m/n=2/1$$のNTMを完全に安定化するために必要な最小の電子サイクロトロン(EC)波パワーを実験的に調べた結果、JT-60Uの実験条件では、NTM発生位置におけるEC駆動電流密度と自発電流密度との比が約0.4-0.5であることがわかった。また、$$m/n=2/1$$のNTMの回転に同期してECCDを変調した結果、変調しない場合に比べ2倍以上安定化効果が大きいことがわかった。また、磁気島のX点に入射した場合はNTMが不安定化されることが実験的に初めて観測された。さらに、変調の位相と安定化効果に関するモデル計算の結果と比較した結果、実験結果とおおむね一致することがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:90.61

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.