検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

深部地下水を対象とした複数電極による酸化還元電位測定手法の検討

Measurement of redox potential in deep groundwater by various type of electrode

森川 佳太*; 岩月 輝希; 細谷 真一*

Morikawa, Keita*; Iwatsuki, Teruki; Hosoya, Shinichi*

本研究では、深度約500mの地下水を対象として、形状の異なる複数の電極を用いて酸化還元電位を測定し、調査における電極選択の考え方を整理した。さらに、地下水中の溶存成分や地上における脱ガス量を計測することで、脱ガスに伴う酸化還元電位の変化とその補正方法について検討した。その結果、電極表面積が小さい点状電極の測定値は、他の電極の測定値よりも高い値となり、表面積の大きな円筒状電極がその他の電極よりも短時間で安定値を取得できることを確認した。したがって、深部地下水の酸化還元電位を測定する際には、使用している電極の特性とその不確実性を理解したうえで、調査に適した電極を選択する必要がある。また、pHと酸化還元電位にかかわる主要なプロセスを解析する際は、脱ガス量とその成分を把握しpHを補正することにより、誤解釈を防ぐことが重要である。

Measurement of redox potential in deep groundwater was conducted at ground surface and in-situ monitoring part of borehole to refine the properties of ORP electrode. The results show that the time to reach the stable value of redox potential depends on shape of Pt electrode.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.