検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

クーロン励起による$$^{102}$$Ru低励起状態の研究

Study of low-lying nuclear structure of $$^{102}$$Ru

小泉 光生 ; 藤 暢輔  ; 大島 真澄; 木村 敦  ; 初川 雄一; 原田 秀郎  ; 北谷 文人 ; 中村 詔司 ; 古高 和禎 ; 菅原 昌彦*; 森川 恒安*

Koizumi, Mitsuo; Toh, Yosuke; Oshima, Masumi; Kimura, Atsushi; Hatsukawa, Yuichi; Harada, Hideo; Kitatani, Fumito; Nakamura, Shoji; Furutaka, Kazuyoshi; Sugawara, Masahiko*; Morikawa, Tsuneyasu*

安定領域で低励起状態のRu原子核は、球形(A=96, 98)から、質量が大きくなるに従い、3軸非対称な形状へと変遷していく。Ru原子核の低励起状態を系統的に調べるため、タンデム加速器施設においてクーロン励起実験を開始した。$$^{102}$$Ruのクーロン励起実験では、$$^{102}$$Ruをビームにして鉛ターゲットに照射し、散乱粒子を位置感応型粒子検出器LUNAで、脱励起$$gamma$$線をGEMINI-IIで測定した。得られた散乱粒子の散乱角と$$gamma$$線強度の相関を、最小自乗フィティングコードGOSIAにて解析し、原子核の電磁気的性質を示すB(E2)やQモーメントなどを求めた。本講演では、実験装置,解析法,解析結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.