検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study on immobilization technology of radioactive krypton gas by ion-implantation and sputtering process

イオン注入及びスパッタリングプロセスによる放射性クリプトンガスの固定化に関する研究

佐本 寛孝; 木村 典道; 大谷 武久; 須貝 英司; 林 晋一郎

Samoto, Hirotaka; Kimura, Norimichi; Otani, Takehisa; Sugai, Eiji; Hayashi, Shinichiro

原子力機構は、再処理施設から回収される放射性クリプトンガスの安定貯蔵技術として、イオン注入法によりクリプトンガスを金属合金中へ固定化する技術を開発している。クリプトンガスの注入特性及び固定化した金属合金の特性については、これまでに実施したコールド試験により確認した。今回の報告では、東海再処理施設(TRP)に付属して設置されているクリプトン回収技術開発施設(KRF)において、再処理オフガスより液化蒸留法により回収した放射性クリプトンガスを固定化した実績及び固定化した金属合金のガス保持特性について報告する。

JAEA has been developing technology to immobilize radioactive krypton gas to metal alloy by ion-implantation method as a stable storage technique of krypton gas recovered from a reprocessing plant. The characteristics of implantation of krypton gas and of krypton implanted alloy were investigated by the cold test performed so far. In this paper, we report the results of the hot immobilization test performed at the Krypton Recovery development Facility (hereafter called KRF) which is attached to the Tokai Reprocessing Plant (hereafter called TRP). In this test, we immobilized the radioactive krypton gas recovered from TRP by cryogenic distillation process of KRF and investigated the gas retention characteristics of the implanted alloy.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.