検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Plutonium of Nagasaki atomic bomb deposited around Nagasaki, Japan

長崎周辺に蓄積した長崎原爆のプルトニウム

國分 陽子; 間柄 正明; 桜井 聡; 臼田 重和*; 木村 貴海; 山崎 秀夫*; 吉川 周作*; 長岡 信治*

Kokubu, Yoko; Magara, Masaaki; Sakurai, Satoshi; Usuda, Shigekazu*; Kimura, Takaumi; Yamazaki, Hideo*; Yoshikawa, Shusaku*; Nagaoka, Shinji*

長崎原爆により放出されたプルトニウムは世界中で最も古く人為的に放出されたものの一つであり、その放出起源が明らかなため、その挙動の解明はそれらの長期環境動態に関する知見を与える。本研究では、放出源の情報をもつプルトニウム同位体比,$$^{240}$$Pu/$$^{239}$$Pu比を用いて原爆由来成分と核実験由来成分を区別し、堆積物や土壌に含まれる原爆由来プルトニウムの分布を明らかにした。黒い雨が降ったとされる長崎市西山貯水池から採取した堆積物中の$$^{240}$$Pu/$$^{239}$$Pu比,$$^{239+240}$$Pu濃度及び$$^{137}$$Cs濃度の深度分布から、原爆由来のプルトニウム及び$$^{137}$$Csは原爆直後急激に蓄積し、現在でも貯水池に流れ込むプルトニウムの大部分は原爆由来であることが判明した。また、土壌の分析から、核実験由来のプルトニウムより低い$$^{240}$$Pu/$$^{239}$$Pu比が、島原半島、さらに熊本県阿蘇山付近でも検出された。したがって、長崎原爆由来のプルトニウムが爆心地より東2kmから約100kmまでの範囲に蓄積していることが明らかになった。

Plutonium isotopes were released from Nagasaki atomic bomb which exploded on August 9, 1945. The isotopes are interesting in research on environmental radioactivity, because evident information of the plutonium release provide opportunities to simplify understanding of environmental behavior of Pu. The Nagasaki area is one of the oldest areas that were contaminated with the artificial Pu in the world. As the isotopic composition of Pu depends on its origin, $$^{240}$$Pu/$$^{239}$$Pu ratio is a useful tool for the identification of the source of Pu. This paper is intended to report the $$^{240}$$Pu/$$^{239}$$Pu ratios in sediments and surface soils and distribution of the Pu from the atomic bomb.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.