検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延深地層研究計画換気立坑先行ボーリング(PB-V01孔)調査報告書; 物理検層

Horonobe Underground Research Laboratory Project; The Results of the pilot borehole investigation of the ventilation shaft (PB-V01); Geophysical loggings

舟木 泰智; 浅森 浩一; 真田 祐幸; 羽出山 吉裕*; 山本 卓也*; 井尻 裕二*; 松岡 清幸*; 木村 和洋*; Lin, S.*; 熊谷 敏文*

Funaki, Hironori; Asamori, Koichi; Sanada, Hiroyuki; Hatsuyama, Yoshihiro*; Yamamoto, Takuya*; Ijiri, Yuji*; Matsuoka, Kiyoyuki*; Kimura, Kazuhiro*; Lin, S.*; Kumagai, Toshifumi*

原子力機構は、高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発として、地下研究施設の建設を伴う研究プロジェクト(幌延深地層研究計画)を進めている。幌延深地層研究計画において建設中の地下研究施設のうち、換気立坑の施工における、湧水抑制対策の施工計画並びに排水処理設備の増設計画の策定を主な目的として、2007年10月から2008年3月にかけて、換気立坑近傍にて換気立坑先行ボーリング(PB-V01孔)を実施した。本報告書は、換気立坑先行ボーリング(PB-V01孔)で実施した調査のうち、物理検層(温度検層,音波検層,キャリパー検層,超音波型孔壁画像検層,ヒートパルス型フローメーター検層及びセメントボンド検層)の結果をデータ集として取りまとめたものである。

JAEA is implementing Horonobe URL Project as research and development of geological disposal. The investigation of the pilot boring was carried out around the Ventilation shaft in order to decide grouting plan and plant of effluent treating. This report summarize as data-code results of geophysical loggings.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.