検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

瑞浪超深地層研究所の花崗岩中に分布する高角度割れ目の特性

Characteristics of high angle fractures distributed in granite of MIU (Mizunami Underground Research Laboratory)

田上 雅彦; 石田 英明; 鶴田 忠彦 

Tagami, Masahiko; Ishida, Hideaki; Tsuruta, Tadahiko

結晶質岩中の割れ目は、地下水流動特性に大きな影響を及ぼしている。高レベル放射性廃棄物の地層処分施設などの地下構造物を設計するうえで、物質移動や安全施工の観点からこれら割れ目の構造や分布・透水性を理解することは必要不可欠である。本稿は平成20年度に瑞浪超深地層研究所の立坑深度300mにおいて掘削した、水平延長約100mの研究アクセス坑道沿いの割れ目特性について報告する。坑道の先行水平ボーリングでは、毎分1000リットルを超える湧水割れ目の存在が確認されており、それらの割れ目に対して断続的なグラウト工を施して坑道を掘削した。切羽の壁面観察において、割れ目の方位測定・挟在鉱物やグラウト充填の有無・湧水状況などを観察した結果、北東系及び北西系の高角度割れ目が湧水割れ目として働いていることがわかった。既に確認された低角度割れ目集中帯との特徴の違いもふまえ、形成過程と水みちとしての機能について考察する。

Fractures in crystalline rocks have exerted a big influence on the underground water stream. It is necessary to understand the fracture shape and distribution from the viewpoint of the material transfer and the safety construction in designing the geological disposal facilities of the high-level nuclear waste. In this report, we examined the fracture characteristics along the horizontal tunnel which was named -300m Access/Research gallery in Mizunami Underground Research Laboratory. Spring water that exceeded 1000 liters per minute was confirmed in the horizontal boring investigation along the tunnel before gallery excavation. We considered the fracture formation process and the function as the passage of water.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.