検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Investigation of optimization on in-core fuel management with high reactor-availability-factor of JMTR

JMTRの稼働率向上に向けた炉心燃料管理の最適化の検討

竹本 紀之 ; 那珂 通裕 ; 長尾 美春 

Takemoto, Noriyuki; Naka, Michihiro; Nagao, Yoshiharu

JMTR再稼働後の利用性向上及び照射需要の増大に対処するため、燃料経済性向上の観点から、燃料使用数を増加させずに稼働率を向上するための炉心燃料管理の検討を行った。その結果、燃料交換方式を6バッチ交換方式にし、照射性能に大きく影響を与えない範囲で運転出力を変更することにより、第165サイクルと同等の負荷の炉心の場合には、現行の年間燃料使用数を増加させることなく、年間稼働率を現行の約50%から約60%に増加させることができることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.