検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC DTL・SDTL空洞トラブル報告

Trouble report for J-PARC DTL and SDTL

伊藤 崇; 浅野 博之; 田中 宏和*; 久保田 親*; 南茂 今朝雄*; 内藤 富士雄*

Ito, Takashi; Asano, Hiroyuki; Tanaka, Hirokazu*; Kubota, Chikashi*; Nammo, Kesao*; Naito, Fujio*

J-PARCリニアック部を構成しているDTL及びSDTLは、加速器トンネル内へのインストール後2006年10月から運転を開始し、2009年6月まで3年弱運転を行ってきた。現在DTL及びSDTLはほぼ安定に稼働しビーム加速を行っているが、これまでトラブルが皆無だったわけではない。メンテナンス期間中に判明し対策を行ったトラブルもあるが、ビーム加速中に発生したトラブルもある。後者の場合ビーム加速を停止してしまうため、ユーザーへのビーム供給時間を奪い多大な迷惑をかけることになる。本稿では、これまでに起こったトラブルの中からおもにDTL・SDTL空洞本体、及びその付属機器に起因して発生したトラブルについて報告する。

The J-PARC DTL and SDTL have been operated since 2006. These linacs accelerate an H$$^{-}$$ ion beam stably now. But we have ever suffered from some troubles. These are the vacuum, the cooling water and the RF trouble mainly. In this paper, these troubles that happened to the DTL and SDTL are reported.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.