検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

坑道内地下水モニタリング装置の開発と適用試験

Development of a groundwater monitoring system and performance test

南條 功; 國丸 貴紀; 岩月 輝希; 細谷 真一*; 森川 佳太*

Nanjo, Isao; Kunimaru, Takanori; Iwatsuki, Teruki; Hosoya, Shinichi*; Morikawa, Keita*

本研究では、地下施設の建設が周辺環境に与える影響を調査するための機器の開発を目的として、施設建設過程及び建設後の地下水の間隙水圧と水質の同時連続観測が可能なモニタリング装置を新たに開発・設置し、その適用試験を行った。観測を行った結果、モニタリング装置内を地下水が循環している間はその区間の間隙水圧がわずかに低下するものの、循環を停止すると同時に間隙水圧は循環前の定常値とほぼ同じ値を示した。このことから、水質連続観測は水圧観測に大きな影響を与えることはなく、実際の調査試験に十分利用できることが確認できた。今後は、東立坑における深度140m以深の掘削に伴う地下水の水圧,水質の変化を立坑からの距離ごとに観測し、地下施設建設が周辺の地下水環境に与える影響を評価するためのデータの蓄積を行っていく。

The instrument for groundwater monitoring technique, which can continuously monitor the pore water pressure and physico-chemical parameters has developed, to monitor the hydrological and geochemical disturbances caused by underground facility construction. The pore water pressure was observed almost the same value after the circulation for the measurement of physico-chemical parameters. It was able to be confirmed that the continuous measurement for physico-chemical parameters doesn't influence the observation of pore water pressure.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.