検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

R&D on major components of control system for ITER blanket maintenance equipment

ITERブランケット保守機器用制御システムに関する研究開発

武田 信和; 角舘 聡; 松本 泰弘; 小坂 広; 油谷 篤志; 根岸 祐介; 中平 昌隆*; Tesini, A.*

Takeda, Nobukazu; Kakudate, Satoshi; Matsumoto, Yasuhiro; Kozaka, Hiroshi; Aburadani, Atsushi; Negishi, Yusuke; Nakahira, Masataka*; Tesini, A.*

ITERブランケット遠隔保守システムについての研究開発は、工学設計活動の時期以来現在まで続けられており、制御システムに関する若干の技術的課題を残すのみとなっている。技術的課題の例としては、スリップリングによるノイズ,ケーブル取扱装置の制御,超長距離ケーブルを通じた信号伝送,耐放射線性アンプ等である。本研究ではこれらの課題に着目している。結論として、制御システムに関する主な課題は解決され、ITERブランケット遠隔保守システムの実現性がより高まった。

Several R&Ds for the ITER blanket remote handling system had been performed from the Engineering Design Activity phase until now and only several technical issues regarding the control system remained such as noise caused by slip ring, control of cable handling system, signal transmission through very long cable and radiation-hard amplifier. This study concentrates on these issues. As a conclusion, major issues for the control system have been solved and the ITER blanket remote handling system becomes further feasible.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:11

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.