検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

次世代レーザー開発研究グループの総括及び次期中期計画の方針

Annual progress and future plans of Laser R&D Group

杉山 僚; 桐山 博光; 越智 義浩; 田中 桃子; 中井 善基; 笹尾 一; 立野 亮; 岡田 大; 小菅 淳 ; 坪内 雅明

Sugiyama, Akira; Kiriyama, Hiromitsu; Ochi, Yoshihiro; Tanaka, Momoko; Nakai, Yoshiki; Sasao, Hajime; Tateno, Ryo; Okada, Hajime; Kosuge, Atsushi; Tsubouchi, Masaaki

原子力機構次世代レーザー開発研究グループにおける今期の中心開発課題は、超短パルスレーザーのJ-KAREN及びTOPAZの高度化である。J-KARENにおいては、ピーク出力500TW相当の高強度レーザーパルス光の発生に成功するとともに、10の10乗台を超える高コントラスト化を達成した。また、TOPAZでは、0.1Hz動作にて、現在1ビームあたり約15Jのパルス出力を発生した。また、光ネット事業(昨年8月開始)におけるQUADRA:高品位高輝度光源(Quality Ultra ADvanced RAdiation Source)開発に着手した。当事業は、高出力LD励起型のkHz級高平均出力超短パルスレーザー開発である。22年度からの原子力機構の次期中期5か年計画における新規光源開発を行ううえで、QUADRA開発は欠かせない。

The main subject of our group is upgrade of J-KAREN and TOPAZ laser systems. The J-KAREN achieves the potential for generating a peak power of 500 TW, and exceeds a contrast ratio of 10E10. The TOPAZ achieves pulse power of 15 J at a repetition rate of 0.1 Hz. We also started a development of another laser system named QUADRA (Quality Ultra ADvanced RAdiation Source) in C-Phost. The QUADRA system is a high averaged short pulse laser pumped by high power LD at kHz repetition rate. This development is essential for the developments of other new laser systems in the next 5-year program of JAEA.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.