検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

広域地下水流動研究における地下水の間隙水圧長期モニタリング(2005年度-2008年度)データ集

The Data of the long term hydro-pressure monitoring on Tono Regional Hydrogeological Study Project from fiscal year 2005 to fiscal year 2008

毛屋 博道; 竹内 竜史

Keya, Hiromichi; Takeuchi, Ryuji

独立行政法人日本原子力研究開発機構東濃地科学センターでは、「地層処分技術に関する研究開発」のうち深地層の科学的研究(地層科学研究)の一環として、広域地下水流動研究を実施している。本研究は、広域における地表から地下深部までの地質・地質構造,岩盤の水理や地下水の水質を明らかにするために必要な調査・解析技術などを開発することを目標として、1992年度より調査研究を開始し、2004年度末をもって主な現場調査を終了した。2005年度からは、土岐花崗岩における水理学的・地球化学的な基礎情報の取得及び地下水流動解析結果の妥当性確認のためのデータ取得を目的として、既存の観測設備を用いた表層水理観測及び、既存のボーリング孔を用いた地下水長期モニタリングを継続している。本報告書は、2005年度から2008年度に実施した地下水の間隙水圧長期モニタリングデータを取りまとめたものである。

Tono Geoscience Center (TGC) of Japan Atomic Energy Agency (JAEA) has been conducting a wide range of geoscientific research in order to build firm scientific and technological basis for geological disposal of nuclear wastes, in order to establish comprehensive techniques for the investigation, analysis and assessment of the deep geological environment in fractured crystalline rock. One of the geoscientific research programme is a Regional Hydrogeological Study (RHS) project in the Tono region, central Japan. This project started in fiscal year 1992 and main investigations finished in fiscal year 2004. After the main investigations, hydrogeological or hydrochemical long term monitoring are continued by the existing monitoring system. This document presents the results of the hydro-pressure long term monitoring from fiscal year 2005 to fiscal year 2008.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.