検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

負ミュオン入射後に放出されるミュオン特性エックス線測定による元素分析

Development of elemental analysis by measuring muonic X-rays

二宮 和彦; 長友 傑*; 久保 謙哉*; 喜多 真琴*; 篠原 厚*; 伊藤 孝; Strasser, P.*; 河村 成肇*; 下村 浩一郎*; 三宅 康博*; 齋藤 努*; 髭本 亘

Ninomiya, Kazuhiko; Nagatomo, Takashi*; Kubo, Kenya*; Kita, Makoto*; Shinohara, Atsushi*; Ito, Takashi; Strasser, P.*; Kawamura, Naritoshi*; Shimomura, Koichiro*; Miyake, Yasuhiro*; Saito, Tsutomu*; Higemoto, Wataru

電子と同じ電荷を持ち、質量が200倍の粒子である負ミュオンは、原子の電子と置き換わり、ミュオン原子を形成する。ミュオン原子からはミュオンの脱励起に伴いミュオン特性エックス線が放出される。ミュオン特性エックス線のエネルギーは、ミュオンが大きな質量を持つことから、透過力が強く物質の深部からも吸収されずに放出される。このため、ミュオン特性エックス線の測定によって非破壊の物質内部の分析ができると期待される。本研究ではJ-PARCミュオン施設より得た負ミュオンを利用しミュオン特性エックス線の測定による中国秦代の貨幣の元素分析を行った。

It is expected that muon irradiation and muonic X-ray detection emitted after formation of muonic atom can be applied to non-destructive elemental analysis. In this study, we performed muon irradiation for old Chinese bronze coin at MUSE in J-PARC and determined contents of this sample.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.