検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

結晶質岩部を対象とした新しい定量的岩盤分類法の適用性に関する再評価

Revaluation concerning application of a new quantitative rock mass classification for crystalline rock

浅井 秀明; 久慈 雅栄*; 松井 裕哉

Asai, Hideaki; Kuji, Masayoshi*; Matsui, Hiroya

日本原子力研究開発機構が進める超深地層研究所計画では、高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する技術基盤の整備を行う研究施設の建設工事を進めており、2本の立坑と複数の横坑からなる研究坑道を掘削している。筆者らは、研究坑道掘削時に適用している既存の岩盤分類法(電研式岩盤分類,RMR法,新JH法)のほかに、「岩盤の工学的分類法JGS3811-2004」をベースとした新しい定量的岩盤分類法(以下、新分類法と呼ぶ)を提案した。本報告では、平成21年度までの報告で提案した新分類法を、複数の横坑掘削に適用するとともに、新分類法に関する適用性の再評価を行った結果を報告する。

Two deep shafts (the Main Shaft and the Ventilation Shaft) at The Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) is currently being constructed by Japan Atomic Energy Agency (JAEA). We proposed a new quantitative rock mass classification methods based on JGS standard besides existing rock mass classification methods (CRIEPI, RMR and New-JH). Afterward, the new classification method is applied to the drift, and it reports on the result of revaluing applicability concerning the new classification method.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.