検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延地下水環境下における低アルカリ性セメント系材料の溶脱挙動の検討

Investigation of leaching behavior of low alkaline cement in Horonobe underground water environment

人見 尚*; 入矢 桂史郎*; 中山 雅

Hitomi, Takashi*; Iriya, Keishiro*; Nakayama, Masashi

高レベル放射性廃棄物の地層処分施設を建設・操業するにあたり、堆積岩を対象とした場合には、坑道の空洞安定性を確保するために、支保部材としてコンクリート材料の使用が考えられる。一方で、コンクリート材料は周辺の地下水を高アルカリ化し、周辺岩盤や緩衝材を変質させ、天然バリア及び人工バリアとして要求される性能に影響を及ぼす可能性が考えられる。このような影響を低減するため、JAEAでは、ポゾラン反応を利用した低アルカリ性セメントの開発を行っている。本報告においては、幌延の地下水環境を模擬した溶液に対する低アルカリ性セメント(HFSC)の溶脱挙動について検討した結果を報告する。普通ポルトランドセメント(OPC)との比較を行った結果、HFSCはOPCに比べ、溶脱抵抗性が優れているとの結果を得た。

In JAEA, HFSC (Highly Fly ash contained Silica-fume Cement) in which the calcium hydroxide of cement become pozzolana is developed. Dipping test with the solution which simulated groundwater environment of Horonobe was performed, and HFSC was shown as having high leaching resistance in comparison with OPC. In addition, whereas an invasion of chloride ion was seen in the whole of the sample in the OPC, in HFSC, an invasion was seen in only the part of leached area.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.