検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ヨウ素分析のための銀媒体電解酸化法を用いた環境試料の前処理法の検討

Development of the digestion method of environmental samples by the silver-mediated electrochemical oxidation process for iodine analysis

桑原 潤

Kuwabara, Jun

環境試料中ヨウ素同位体比の分析において、食品などを前処理する場合、高温で試料を灰化しヨウ素を揮発させて回収する方法がよく用いられるが、試料の種類によっては、ヨウ素が十分に揮発せず灰化残留物中に一部残ってしまうような状況が生じてしまう。このため、十分に高い回収率を得る手法として、銀媒体電解酸化法を用いた湿式の試料灰化を試みた。この方法は、電気分解装置内で溶液中に銀(II)イオンを生成し、このイオンの酸化力を用いて試料の酸化分解を進行させるもので、銀は触媒的に作用する。乾燥コンブ1gを用いた灰化試験において、約5Vの通電条件で灰化したところ、24時間程度で灰化が完了した。この電解液をろ過し、一部を分取することで、安定ヨウ素濃度の決定が可能である。また、この電解液に還元剤として亜硫酸ナトリウムを加えることで、AMS測定のためのヨウ化銀沈殿を生成することができた。

In the analysis of the iodine isotope, dry combustion method is used for sample preparation. Depending on the kind of the sample, the iodine remaining situation occurs without volatilizing enough. The silver mediated electrochemical oxidation process was tried to obtain high recovery. Digestion of dried Konbu sample was completed in around 24 hours under 5 V of electric condition. After the digestion, AgI precipitate was obtained by adding sodium sulfite as reductant to the filtered sample solution.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.