検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

マルチコア環境における複数右辺項を有する構造解析ソルバーの性能評価

Performance evaluation of structural analysis solver for many RHS problem on multicore processor

山田 知典; 河合 浩志*

Yamada, Tomonori; Kawai, Hiroshi*

反復法による連立一次方程式ソルバーはメモリウォール問題が顕著に影響するアプリケーションとして知られている。近年普及が進んでいるマルチコア環境ではソケットあたりのメモリバンド幅が利用するコア数によらず一定となるため、演算に利用するコア数に比例してメモリウォール問題が顕在化する。そのため、マルチコア環境において反復法による連立一次方程式ソルバーの性能を十分に得ることは難しい。本研究では、複数右辺項問題を有する3次元構造解析を対象に、マルチコア環境で測定したブロック共役勾配法のパフォーマンス結果に基づき、マルチコア環境における反復法による連立一次方程式ソルバーについて考察を行う。

In this study, computational performance of iterative solver of large linear equations with many right hand side vectors derived from finite element discretization in structural mechanics is evaluated. The current multicore architecture has memory wall problem and many iterative solvers suffer for this problem. Hence, high performance computing with iterative solver on multicore architecture is one of key issues in recent computer science. Because the performance of sparse matrix single vector multiplication has well surveyed, the performance of sparse matrix multiple vectors multiplication is investigated in this paper.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.