検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

モンテカルロシミュレーションを用いた体外計測法に関するEURADOS国際相互比較研究

EURADOS Inter-comparison on the usage of Monte Carlo simulations in vivo counting

高橋 聖 ; Mohammadi, A.; 木名瀬 栄  

Takahashi, Masa; Mohammadi, A.; Kinase, Sakae

欧州線量評価委員会(EURADOS)は、さまざまなモンテカルロコードを対象として、2002年から3度の体外計測法に関する国際相互比較研究を行ってきた。評価対象は、点線源,脚部や胴体部のボクセルファントムに対するGe半導体検出器の応答解析である。2002年に実施されたQUADOSプロジェクトでは、点線源から放出される単色光子(15keV$$sim$$1000keV)に対するGe半導体検出器の応答関数解析やGe半導体検出器のモデリングに関する不確かさ解析、2005年に実施されたCONRADプロジェクトでは、膝骨中に均一に分布した$$^{241}$$Am含有ボクセルファントムに対するGe半導体検出器の応答関数解析、2009年から実施されている現在進行中のプロジェクトでは、肺中に均一に分布したウラン含有ボクセルファントムに対するGe半導体検出器の応答関数解析について検討してきた。報告者は、これまでのEURADOSの体外計測法に関する国際相互比較研究において、アジアで唯一すべてに参加し、モンテカルロモデリングの不確かさなど、さまざまな知見を得た。本報告では、EURADOS国際相互比較研究で得た知見、特に体外計測法におけるモンテカルロシミュレーションとボクセルファントムの利用法などについて述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.