検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Cuに対する9MeV重陽子入射中性子生成量の測定

Measurements of neutron yields for 9 MeV deuteron-incidence on Cu

平林 慶一*; 平野 秀峻*; 日高 浩介*; 森口 大輔*; 中村 泰博*; 執行 信寛*; 平山 嵩祐*; 内藤 有紀*; 渡辺 幸信*; 高橋 博樹; 前原 直; 榊 泰直

Hirabayashi, Keiichi*; Hirano, Hidetaka*; Hidaka, Kosuke*; Moriguchi, Daisuke*; Nakamura, Yasuhiro*; Shigyo, Nobuhiro*; Hirayama, Shusuke*; Naito, Yuki*; Watanabe, Yukinobu*; Takahashi, Hiroki; Maebara, Sunao; Sakaki, Hironao

IFMIF/EVEDA加速器では、9MeV重陽子入射加速器が考えられており、ターゲットやビームダンプの放射線安全設計・審査に向けて精度の高い核データが必要とされているが、現状では実験データが乏しいため、計算コードの精度検証が十分にできていない。そこで本研究では、タンデム加速器により9MeVに加速した重陽子を厚いターゲットに入射し、ターゲット中で重陽子が止まるまでの(d,xn)反応による中性子生成量の測定,解析を行い、TALYSコードによる計算値との比較を行った。実験で得られた結果を元に、中性子検出器の応答関数を求めた。TALYSコードによる計算結果と比較を行った結果、TALYSの計算値は絶対値に差はあるが、傾向は再現していることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.