検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Architecture plan of the real-time diagnostic signals acquisition system toward JT-60SA project

JT-60SA装置における実時間計測データ収集システムのアーキテクチャについて

坂田 信也; 山口 退二; 杉村 徹; 小湊 俊治; 川俣 陽一; 戸塚 俊之; 佐藤 稔; 末岡 通治; 内藤 磨

Sakata, Shinya; Yamaguchi, Taiji; Sugimura, Toru; Kominato, Toshiharu; Kawamata, Yoichi; Totsuka, Toshiyuki; Sato, Minoru; Sueoka, Michiharu; Naito, Osamu

JT-60SAにおいて定常運転を実現するためには、さまざまなプラズマ計測装置からの入力信号を用いたフィードバック制御が必須である。この機能を実現するため、汎用のパーソナルコンピューターにINtimeという実時間オペレーティングシステムを搭載し、実験放電に同期して、複数の計測装置のデータを収集可能なシステム(RTDS)を設計検討中である。また、JT-60SAにおいては100秒以上の長時間放電が予定されており、実験放電中に各計測装置から収集したデータを実時間で表示可能なデータモニタリング機能が必要となる。これらの機能も、前述したRTDSを活用することで実現可能である。本論文では、新システムでの性能評価について報告する。

For a steady state operation of JT-60SA, a plasma feedback control using various diagnostic sensor signals plays an essential role. To realize this, Real Time Diagnostic Signals acquisition System, RTDS, which utilizes PC-based real-time OS "INtime", has been under consideration toward JT-60SA project. Moreover, long-time experiments more than 100 seconds will be planned in JT-60SA project. Therefore, real time monitoring will be required as an essential function that displays acquired diagnostic signals on real time during long-time experiment. This function will be also realized by utilizing RTDS.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.